当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

相互リンクの依頼文の丁寧さについて

相互リンクの依頼文には、様々なものがあります。
ざっくりと用件だけを述べているものや、簡素にまとまっているものや、友人に宛てたメールのようなものや、とても丁寧なものなど、実に様々な種類があります。

相互リンク依頼文は簡素に書いた方が分かりやすいものなのですが、書き方や受け取られるサイト管理者の方によっては失礼にあたる場合もありますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

しかし、サイト管理者の方によっては、相互リンク依頼文はできるだけ簡素に書いてもらいたいとお考えの方や、決まった形式のもののみ受け付ける方などもおられますので、相互リンクの募集要項にはしっかりと目を通すように心がけましょう。
(決まった形式で相互リンク依頼を希望しているサイト管理者の方は、相互リンク募集要項にその旨を書いておられることが多いです)

丁寧だから良いというわけではないのですが、指定もされていないのにあまりにも簡素過ぎたり、初対面なのにいきなり「ではよろしく」などは、一般的にはあまり良くないと思います。


私が実際に受け取った簡素か失礼なのか微妙な例

(相手によってはかなり失礼にあたるかも・・・)

「相互リンクしてください。サイト名とURLは下に書いてあります。」
「相互リンク希望。サイト名は○○。URLは○○。」
「こちらはもうリンクを貼りました。ではよろしく。」


最低限必要なもの

  • 挨拶
  • 簡単な自己紹介
  • 相互リンク依頼文
  • 自サイトの内容
    (サイト名やURLなど)

あると良いもの

  • 相互リンク相手として選んだ理由
  • 文章を読んでくれたことに対するお礼
  • お願い文
  • 終わりの挨拶

スポンサーリンク