当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

相互リンクとSEO対策

SEO対策とは、検索エンジン対策のことです。
検索エンジン対策とは、検索エンジンにクロール(サイトを巡回してもらう)してもらいやすくしたり、サイトの重み付けを大きくすることです。

相互リンクをしてお互いのサイトにお互いのサイトへのリンクを掲載すれば、相手のサイトから検索エンジンが来てくれる可能性を高く出来ますし、僅かではありますがサイトに重み付けを加えることができます。

スポンサーリンク

そのようなわけで、現在でも、お互いに相互リンクを行ってSEO対策をするサイトオーナーさんが大勢おられます。

適切なサイトと適切な数の相互リンクを行えば、SEO対策には有利です。
ただし、大量に相互リンクを行い「リンクファーム」のサイトだと認識されてしまうと、ペナルティを食らってしまうケースもありますので、相互リンクするサイト数やサイト内容はよくチェックすることが大切です。


ページ内に100件以上のリンクがあるとSEO的に不利ですので、リンク集の1ページあたりに100件以上のリンクがある場合には注意しましょう。
(TOPリンクの場合は、TOPページに100件以上のリンクのある場合は要注意です)

ただし、リンクが100件以上あっても、アクセス数で貢献してくれるサイトもありますので、必ずしもページ内に100件以上あっても一概に不利だとは言えません。

また、リンク集のページをロボットにインデックスさせないようにして、一方的なリンクを受けているサイトもありますので、そういったサイトと相互リンクしないように気をつけたほうが無難であると思います。
(ロボットにインデックスさせないようにしているかどうかは、ページのソースのhead部分に <META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOINDEX, NOFOLLOW"> のMETAタグがないか調べることで確認できます)


スポンサーリンク